マンションの購入の秘訣とは

マンションは資産運用としても障害の住まいとしても価値が高いものです。
とはいっても、購入するならば出来るだけ安く購入していきたいことは確かです。
一体どのようにしたらより安く購入していく事が出来るのでしょうか。
そんなポイントについて見て行きましょう。
安く購入するためにまずしておきたいのは時期を考慮することです。
これは大変大きな点で、これから購入する際には忘れないでおきましょう。
例えば不動産も地域によっては購買客が大変減るというようなこともあるのです。
特に東北や北海道では2月、3月になるとほとんど購買客がいないために、こういった時期に不動産を物色すると思わぬ安値で売っているということがあるのです。
これは大変大事な点で、特にマンションの場合には特に安く変えますから覚えておきましょう。
また保険契約もこういった時期の特性を押さえればつけやすいということもポイントでしょう。
利率も変動していてかなりお得に契約できるというようなこともあるのです。
このように時期をしっかりと選んでいくことでより賢く購入していくことが出来ますからこれからマンションを購入するといったような際には是非とも忘れないでおいて下さい。

マンション購入の注意点について

私たち夫婦は結婚4年目。
そろそろ賃貸から卒業してマイホームが欲しいこのごろ首都圏(都内、神奈川)を中心にマンションを探しています。
いくつか物件や不動産会社を回るうちに、購入のポイントがいくつかあったのでまとめておきます。
まず、購入の意思を固めてからモデルルームに行ったほうがいいです。
モデルルーム訪問時から、かなり詳細なアンケートを求められます。
ローンの状況確認を理由に源泉徴収票を持参するよう言われることもあります。
しかも本当に口がうまく、お断りもなかなかさせてくれない会社もありました。
次に住む場所が決まっていて、すでに購入の意思があり、いくつか物件が決まっている方は、モデルルームに頻繁に足を運んで比較検討されたほうがいいです。
また今対象になっていない物件でもよいものがあるので、購入するまで詳しく調べたほうがいいと思います。
さらに希望の場所で、まだ情報がオープンになっていない場合もあります。
まずは不動産屋さんと仲良くなって、内部情報をもらうのがいいでしょう。
相手はなんとかして売ろうと、強気できます。
押しに弱いタイプの人は一旦引いてしまうと、自分の意見がなかなか言えず希望物件を購入できない可能性がありますので気を付けましょう。
いくつか物件を回るうちに新たな条件が出てくることもありますので、購入の際は慎重に、周りに流されず自分の意思を強く通されることをお勧めします。

Comments are closed.

Post Navigation