マンションを売却する前に確認すべき肝はなに?

一軒家でもそうですが、マンションという資産は大きな財産です。
時間をかけてじっくりと販売すべきものであり、急ぐ特別な理由でもない限りは、時間に余裕をもって売ることを心がけることが大事なコツです。
マンション売却には少なくとも3ヶ月、出来れば半年以上の時間の余裕を持つことを念頭に置いて行動しましょう。
急ぎ過ぎは、大きな損失に繋がります。

まずは自分のマンションがどれだけの価値があるのか、よく知ることから始めます。
一つの不動産会社だけで検討してしまうと情報も少なくなりますし、得なのか損なのかもわかりません。
一つの不動産会社だけではなく、多少面倒でも複数の不動産会社に見積もり依頼を出して比較検討し、相場を確認しましょう。

そして肝となるのが、「仲介会社」の選定です。
自分自身で購入希望者を見つけるという選択肢もありますが、時間や手間を考えると「専属専任媒介契約」がいいかもしれません。
仲介会社が購入希望者を見つけてくれますし、1習慣に1回以上という依頼主への報告義務も発生します。
ただし依頼主への拘束もきついので、拘束が緩く自由度が高い「専任媒介契約」や「一般媒介契約」を選択することも手です。

参考:http://www.mansionsale-navi.com/

しかし丸投げするというのはオススメできません。
仲介業者とよく話をすること、仲介業者が行っている広告手法や問い合わせ件数など、疑問や質問は溜め込まず、すべてを解決していくことが重要なコツであり、仲介業者と二人三脚で価格の設定や営業活動を行っていき、自分が望む形でマンション売却することを目指しましょう。

apartment

Comments are closed.

Post Navigation