不動産会社から更新契約書が送られてきた

今日、不動産会社から賃貸マンションの更新契約書が送付されてきました。
賃貸契約の期限は8月末日なのですが、6月下旬に更新の契約書を送ってきたので、ずいぶん早いなと感じました。
更新契約書の内容を見ると、家賃はいままでどおりで月額9万円で、更新料として9万円を振り込んでほしいと書かれていました。
しかし、私は素直に更新契約書に署名と捺印をするつもりはありません。
なぜなら、私が住んでいるマンションでは大規模修繕が計画されているからです。
私は過去に2度、以前住んでいた分譲マンションで大規模修繕を経験しているのですが、大規模修繕の期間中は、昼間でも真っ暗となってしまいます。
マンションの周りはすべて足場が組まれて黒いネットで覆われてしまいます。
このため日照権が奪われてしまうのです。
そして、建設会社の職人が足場を堂々と歩きまわるので、カーテン越しに室内は丸見えとなってしまいます。
ですから、プライバシーもなくなります。
この大規模修繕期間は6カ月となりますので、私は不動産会社や部屋のオーナーと交渉して、大規模修繕期間中は家賃を半額にするよう交渉しようと思っています。
不動産会社に勤務している知人によると、家賃を半額にするのが相場だそうです。

Comments are closed.

Post Navigation