信州蕎麦 わきゅう、長野県千曲市稲荷山にあるユニークなカレーつけそばが楽しめる蕎麦店

店名:信州蕎麦 わきゅう
住所:長野県千曲市稲荷山996-1
電話:026-400-3249

長野市南部にある千曲市の稲荷山地区、かつては宿場町としてにぎわいを見せていました。
当時の建物も多く現存し、新しく建てる建物もそれらのイメージを崩さない配慮がされているケースも多くあります。
わきゅうも蕎麦屋としてそんなイメージを崩さない趣あるたたずまいです。

基本的にそば店なので、手打ちの細いそばに定評がありますが、わきゅうオススメはもつカレーつけ蕎麦(950円)。
200円プラスで大盛にもできます。
小さな丼に豚もつの入ったカレースープが注がれており、三つ葉などの具材が食欲をそそります。

気遣いが多い印象の店員さんの対応もよく、わきゅうは蕎麦湯専用の塩を用意するなどアメニティも充実したお店です。
わきゅうの注意点としては、場所のわかりにくさと大盛の量。
若干入り組んだ稲荷山の町内にあるので、見逃す可能性があります。

また、大盛りは文字通り山のようにそばが盛り上がっているので、大食いの方以外は、満腹以上の量かもしれません。
200円で大盛にできるのは大変魅力的ですが、その点に関しては注意しましょう。

もつカレーのそばを出しているのは、かなり貴重な存在です。

からめんや えん、中央区築地にある寒い夜に体の芯から温まる辛麺店

寒い寒い夜、宮崎に旅行に行ったときに食べた辛麺がふと食べたくなりました。
「かっらーい!」と言いながら水をがぶがぶ飲んで、体の芯から熱くなって食べ終わるころには汗が出てる、、、食べたい、、、
探しました、東京で、本場の辛麺が食べられるお店を。

ありました、築地に。
もう閉店間際、寒い夜に自転車をこいで行きました。

築地の奥まったところにひっそりと、でもしっかりとした存在感で、暖簾がかかった、いかにもおいしいものを出してくれそうなお店、からめんや えん。
一見強面の大将が、あたたかく迎えてくれます。

えん店内にはランチメニューも。
こんなお店が会社の近くに合ったらしょっちゅう辛麺食べちゃうなぁなんて思いながらまっていたのもつかの間、出てきました、お待ちかねの辛麺。

真っ赤なスープ、辛さは選べますが見るからにしっかり辛そう。
ふんわり玉子がのっていて、おいしそうなお肉とにらが浮かんでいます。

その下に潜む麺を箸ですくい上げて口に運ぶと、あら?
すっごく辛いんだけど、それに負けない丁度いいくらいの、ちゃんと感じられるスープの深み。

なんておいしいんだろう、、。
なんだったら宮崎で食べたものよりおいしいかもしれません。

どんどん食べてスープまで飲み干して、汗がだらだら出るほど温まりました。
これは依存します。
えん、また行きたくなる味です。

店名:からめんや えん
住所:東京都中央区築地7-15-8西春ビル1階
電話:03-6228-4782

麺屋 心、川口市のイオンモール前川にあるラーメン店

店名:麺屋 心
住所:埼玉県川口市前川1丁目1−11 フードコート内 イオンモール
電話:048-423-6670

麺屋 心は、イオンモール前川の中にあるラーメン屋さんです。
以前のラーメンと変わり、最近リニューアルしました。
価格も前回より100円程安くなったようです。

スープも以前のこってりした味より、あっさり系に変わったように思います。
値段が安くなったというのは、消費者にとってはうれしい話だと思います。

麺屋 心のラーメンの麺は細麺。
ネギ。チャーシュー、のり、なると、しなちくと背脂が特徴。
背脂が入っていますが、どういうわけか結構さっぱりした味というのが、結構いひょうを付いた味でした。

御飯も注文しまいた。
スープと大変相性がいいラーメンでした。
チャーシューも味が染みておいしかった。

前回よりラーメンもそうですが、全体的に価格を見直したようで、安くなったように思います。
買い物をした帰りにラーメンを食べるというコンセプトでも、麺屋 心は大変利便性のあるラーメン屋さんではないでしょうか。

にんにくも入れ放題です。
ブザーがなると出来た事を知らせてくれます。

麺屋 心は、すべてセルフサービスをここでは取っています。
子供が結構いるので、その点は気をつけて利用しましょう。