手打そば三好、静岡市駿河区中島にある小洒落たカフェのような蕎麦店

静岡市で美味しいお蕎麦が食べたい時にいつも立ち寄るのは、東名高速静岡インターから車で4分程に位置する、手打そば三好さんです。
15台分位は駐車可能な駐車スペースがあります。

手打そば三好の外観は駿府城天守閣を思い浮かべるような佇まいで、店内はオーナーこだわりのサウンドシステムが設置されていて、お洒落なカフェのような感じです。
店内3分の2がテーブル席、3分の1が畳席になっていて、トータル30~40名位の座席があります。

手打そば三好オススメのメニューは十割天せいろ1500円です。
天ぷらがカリカリで、比較的大きな天ぷらをサーブしてくれます。
お蕎麦はこしがあって、蕎麦の味がしっかりしていて美味しかったです。

手打そば三好は、しゅっとしたオーナーの男性と、ぽっちゃりした奥さんの2人で運営しているようです。
めちゃめちゃ愛想がいい、という訳では無かったですが、タイミング良くメニューを取りに来てくれたり、お茶のお代わりや、蕎麦湯を勧めてくれたりして、良い印象を受けました。

忘れていましたが、最後に蕎麦湯でおツユを薄めていただきましたが、粋な感じで本当に美味しかったです。

店名:手打そば三好
住所:静岡県静岡市駿河区中島1356
電話:054-282-7517

うどん村 清輝橋店、岡山市奥田本町にあるぶっかけうどんが自慢の店

店名:うどん村 清輝橋店
住所:岡山県岡山市北区奥田本町22-10
電話:086-233-7110

うどん村 清輝橋店は岡山市奥田本町にあるうどん店です。
店内は3人ほどで切り盛りしており、裏道の住宅街の中にある店舗ながら昼間はわりとにぎやかな印象です。

うどん村のメニューはいろいろありますが、うどんはどれも小、中、大から選べるようになっており、中の値段であれば
ざるうどん410円、ぶっかけうどん420円、温玉ぶっかけ510円、肉ぶっかけ650円といった感じです。

どれも具材は少なめで、シンプルなうどんといった感じですね。
そして、ぶっかけうどんは温と冷から選べるようになっており、特に夏であれば冷ぶっかけは欠かせないですね。

そして、うどんだけでは足らないと言う方もいらっしゃるかと思います。
そういった方であれば、天ぷらや揚げ物なども充実しているので、お気軽にセルフで選んでください。

おにぎり140円、うずら卵120円、小エビ120円、唐揚げ140円、鶏の皮140円などいったものがあり、やはり唐揚げや小エビなどに人気が集まっている感じですね。

ちなみに、うどん村の営業時間は、平日は11:00~15:00、土日祝は11:00~16:00となっております。
平日も土日祝も夕方前には閉店してしまいますので、来店時お気をつけください。

また、店舗も裏道の住宅街の中にあるので、歩行者や自転車の急な飛び出しなどもございますので、くれぐれもお気をつけください。
そして、うどん村は清輝橋店の他に同じ岡山市内に辰巳店もあるので、そちらも是非訪れてみてはいかがでしょうか。

丸富 (まるとみ) 、駒ヶ根市赤穂にある水準の高い蕎麦店

店名:丸富 (まるとみ)
住所:長野県駒ヶ根市赤穂23-180
電話:0265-83-3809

丸富は、このあたりの蕎麦店の中でも有名であるということで、帰りに高速道路によって行く前に行ってきました。

そばの産地だけあって、基本的にはそば粉10割とかってのが基本。
丸富では、しらびそそばという珍しいものがあったので注文しました。
なんでも、蕎麦の産地が「天空の里『上村、下栗』」でとれたものだけをしようということ。

食べてみると香りも良く、風味も地元で採れたものという新鮮さを感じることができますので、おいしさが普通の者とは一段も二段も違うというのが伝わってくるわけです。

汁はちょっと絡みのある感じの味ですから、このみは分かれるかもしれません。
ですが、私は十分においしさを感じることができました。

丸富は、そばがきというものも存在しており、食べたことがなかったのでこちらも注文。
汁につけつつ口に入れると、結構柔らかい触感で、こちらもそばの風味や味を感じやすいものになっています。
他の人も頼んでいたのを多く見かけましたので、やはりこれもおいしいもので通っているんでしょう。

丸富は人気店だというようなことも納得がいくほどの十分なクヲリティーのあるものだと思います。
高速道路出口からもすぐに来れるようなところにありますので、観光でこのあたりに来られる方にも十分に味わえるものがあったのではないでしょうか。