八丁堀にあるロイヤルホストのボリューム感のあるパンケーキ

店名:ロイヤルホスト八丁堀店
住所:東京都中央区八丁堀1-13-7ホテルサードニクス東京1F
電話:03-6222-0054

ロイヤルホストでは、特製のパンケーキが非常におすすめで、デザート感覚で食べることができます。

パンケーキが3枚程度重なっており、シロップがかかっていて非常に甘くて美味しいです。

特別すごい変わったところがあるというわけではありませんが、ボリューム感が割とあるので、そこはメリットだと感じています。

それに一般的な王道とも言えるパンケーキの味なので、食べられないとか、味が好みじゃないという人はほぼいないでしょう。

ロイヤルホストで食後に甘いものを食べたいと思ったときには、こういうメニューを注文するというのもおすすめです。

ただ、すでに話したようにボリュームが割とある方なので、デザートの前に食べすぎると、このパンケーキを完食するのが厳しいと言える可能性があります。

だから、ロイヤルホストでパンケーキを注文しようと思っている人は、あらかじめパンケーキ以外のメニューの分量を調整してから注文した方がいいと思います。

できるだけ美味しく食べてほしいと思いますから、多少なりともお腹に余裕がある状況でパンケーキを頼むのがコツと言えるでしょう。

武ちゃん、銀座で焼き鳥を食べるなら絶対に行きたい名店

銀座三越の真裏の路地にある老舗の名店『武ちゃん』は多くのお客様に愛される人気のお店です。
カウンター席とテーブル席、わずかな座敷席があり、いつも多くのお客様で満席になり行列客も出るほどの人気店です。

焼き鳥店には珍しく5本、10本コースがあり、武ちゃん店主がおすすめの味と焼き加減でその日のコースメニューが運ばれて来ます。

店名:武ちゃん
住所:東京都中央区銀座4丁目8-13
電話:03-3561-6889

初めての武ちゃん来店時やたくさんの種類を試したいという方へは5本コースを注文して、あとはアラカルトのメニューを注文するのもおすすめです。

筆者のおすすめは10本コースとしいたけやアスパラ、新香を別注するメニューがおすすめです。
季節や日によって替わるコースメニューには鴨や軟骨など他店にはない珍しい串も入っています。

武ちゃんの新香は自家製で塩気もちょうどよく、焼き鳥の合間でつまむのにピッタリです。
店員さんも慣れたベテランの方が多く夜でも、おばあちゃんも数名働いています。

男性同士での武ちゃん来店も多いですが、カップル、女性同士でも楽しめ、銀座という立地を忘れてしまうような居心地の良いアットホームなお店です。
混雑する事が多いので、電話で空席を確認してから来店することがおすすめです。

生田にあるガストのやわらかくて美味しいヒレカツのメニュー

店名:ガスト川崎生田店
住所:神奈川県川崎市多摩区生田1丁目28-31
電話:044-949-1036

神奈川県川崎市の生田にあるガストでは、やわらかおろしひれかつを食べたことがあります。

ガストでは普段はロースカツなどを食べることが多く、ヒレカツを選ぶことは少ないのですが、ヒレカツに関しても十分に美味しいと言えるようなものだったと思います。

したがって、ロースカツ以外にも自分好みのカツ料理があることを知ることができて良かったと思っているのです。

ただ、味は美味しいものの、値段がもう少し安ければなと思うことがあります。

というのも、ガストのやわらかおろしひれかつに関してはヒレカツが3つ乗っているのですが、値段は799円なので、ボリュームの割にはそこそこ高い気がします。

だから、そんなに頻繁には注文しないという状況になっています。

メニュー名の通り、かなりやわらかくて食べやすい食感ですし、味はかなり満足できている状況なので、値段の部分が唯一気になる箇所ということになります。

内容に関しては満足いくものだからしょうがないのかもしれませんが。

値段の問題はありますけど、ヒレカツを提供しているお店はそんなに多くある印象ではないので、ヒレカツを食べたくなったときにはこのガストのやわらかおろしひれかつをこれからも注文することになりそうです。