長野松本のHuLa・Laは日本人に美味しいハワイアンフードがたくさん

陽気な太陽というハワイの言葉が店名となっているのが、Hawaiian Dining HuLa・Laです。
ハワイアンダイニングなので、人気のあるハワイアンフードを食べることが出来ます。

現地そのままの味ではなく、日本人の口にも合うよう多少アレンジされているのが、HuLa・Laの嬉しいポイントです。

店名:Hawaiian Dining HuLa・La
住所:長野県松本市中央2-5-13
電話:0263-50-7677

HuLa・Laの店舗は塩尻市にもありますが、松本市中央が一店舗目となります。

ハンバーガーやロコモコ、ガパオライス等色々ある中で、おすすめしたいのはハンバーガーです。
串にしっかり刺さっていてなかなかビッグサイズなバーガーは、ナイフとフォークで上手に食べるも、ガブリとそのまま食いつくもお好きなままに。

肉汁がジュルッと溢れ出て、口に含んだときの旨みはMAX。
厚切りなトマトやレタスといった新鮮な野菜と一緒に食べるので、本場で食べるより胃にも優しく後味はわりとスッキリします。

パンズが厚すぎず、香ばしいので肉をちゃんと味わえます。
女性だけでなく男性受けもいい理由とも言えます。

飲み物はその時の気分に合わせて、フルーティーなジュースやコーヒー等が選択可能です。
HuLa・Laは見た目よりお安く、千円強で頼めるものばかりなので何度も行きたくなるカフェです。

黒田珈琲、祖師谷大蔵にあるこんがりふわっふわのトーストが食べられるカフェ

店名:黒田珈琲
住所:東京都世田谷区砧6丁目37-5 砧TERUビル1階
電話:03-3415-3063

小田急線の祖師ヶ谷大蔵駅改札を出て左折し、ほんの少し行くと通りの左手に黒田珈琲はあります。
ガラス張りの大きな窓、黒田珈琲の店内はどこか昭和を感じさせる昔ながらの町の喫茶店という雰囲気で、堅苦しさもなくおちついて珈琲や軽食を食べることのできる空間になっています。

客層としては地元の方に愛されているようで、年配の方などもよく利用されています。
珈琲店だけあって珈琲の価格は1杯500円ほどになりますが、マスターがそれはそれは丁寧にじっくりと淹れてくれるその味は、やはりそこらのチェーン店では絶対に味わえない本物の珈琲です。

こちらの黒田珈琲ではホットケーキが人気なのですが、私がオススメしたいのはホットケーキではなくトースト。
シナモントーストや、ソフトフランスを使用したものもあるのですが、王道のシンプルなトーストを是非味わってみてください。

喫茶店のトーストなんてどこも同じだろうと思っていたらとんでもない、マスターのこだわりパンだけあって本当に美味しいです。
しっかりとした厚み、表面はサクッと、中はふわっふわでとろけるような柔らかさ。

塩気の効いたバターがほんのり甘みのあるパン生地にジュワっと染み込んで口の中いっぱいに広がります。
そこに深いコクのある珈琲をひと口、至福のひと時です。

トーストには小さなサラダとジャムがついてくるのですが、それで単品価格が五百円玉で普通にお釣りがくるのですから本当に良心的だと思います。
香ばしいバタートーストを味わった最後に、あまいイチゴジャムをつければ2度美味しい。

のんびりゆったり、小さな幸せを感じられる黒田珈琲、オススメです。

川崎市にあるロイヤルホストのロースかつ定食と言えるメニューの魅力

店名:ロイヤルホスト川崎店
住所:神奈川県川崎市川崎区新川通2-5
電話:044-211-4815

ロイヤルホストのイメージとしては、洋風というものがあると思いますが、そのイメージとは裏腹に和風のメニューも扱っています。

しかも、定食と言えるようなメニューが存在しているため、そこは実は注目だったりします。
中でも国産豚のロースかつ膳 ~特製かつソース~は、非常におすすめなのではないか?と感じています。

ロースかつ定食といったメニューは定番ですけど、まさにそれと言えるような内容です。
とんかつそれ自体が明らかに目立つようになっており、そのサイズ感からボリュームが大きいのがよく分かります。

また、一緒についているサラダが結構美味しいなという気がしています。
こちらはメインではないものの、とんかつを食べながらいい味をしているなという実感がわいてくるのです。

脂っぽいとんかつを食べている間に、みずみずしいサラダを食べることで、よりとんかつの味が引き立つという感じがしてきます。
したがって、ロイヤルホストの国産豚のロースかつ膳 ~特製かつソース~に関しては、そういう部分でも魅力としての評価ができるはずです。

和食メニューに関しても実は美味しいものがありますから、ロイヤルホストに来たときにはぜひ注文してみてほしいと思います。