武ちゃん、銀座で焼き鳥を食べるなら絶対に行きたい名店

銀座三越の真裏の路地にある老舗の名店『武ちゃん』は多くのお客様に愛される人気のお店です。
カウンター席とテーブル席、わずかな座敷席があり、いつも多くのお客様で満席になり行列客も出るほどの人気店です。

焼き鳥店には珍しく5本、10本コースがあり、武ちゃん店主がおすすめの味と焼き加減でその日のコースメニューが運ばれて来ます。

店名:武ちゃん
住所:東京都中央区銀座4丁目8-13
電話:03-3561-6889

初めての武ちゃん来店時やたくさんの種類を試したいという方へは5本コースを注文して、あとはアラカルトのメニューを注文するのもおすすめです。

筆者のおすすめは10本コースとしいたけやアスパラ、新香を別注するメニューがおすすめです。
季節や日によって替わるコースメニューには鴨や軟骨など他店にはない珍しい串も入っています。

武ちゃんの新香は自家製で塩気もちょうどよく、焼き鳥の合間でつまむのにピッタリです。
店員さんも慣れたベテランの方が多く夜でも、おばあちゃんも数名働いています。

男性同士での武ちゃん来店も多いですが、カップル、女性同士でも楽しめ、銀座という立地を忘れてしまうような居心地の良いアットホームなお店です。
混雑する事が多いので、電話で空席を確認してから来店することがおすすめです。

千葉駅すぐ千葉ショッピングセンター直結の千葉ハイボールバーで気軽に一杯

千葉ハイボールバーは、2020年2月にオープンしたばかりのお店です。
都内では品川、渋谷、恵比寿に系列店があり会社はビックエコーを運営している第一興商さんです。

千葉ハイボールバーの内装はおしゃれでデート、複数人での2次会利用など様々なシチュエーションで利用できます。
カウンターもあるので一人飲みもOK。

ブラックニッカ系のウイスキーをメインで揃えてあり、ブラックニッカスペシャル、竹鶴など珍しい種類も取り揃えております。
ハイボール以外にもカクテル、ワイン、ビール、サワーもありウイスキーが苦手な方も利用しやすくなってます。

千葉ハイボールバーはフードにも力を入れており、その場でスライスする切り出しプロシュート、自家製フライドチキンがおすすめです。
デザートにはブラックニッカ リッチのウイスキーを練り込んだ生チョコリッチレンガを頂きました。

ハイボールが進みます。
チャージ、お通しもないので単価は1000円~2500円ほどと低めです。

千葉ハイボールバーの入り口をあけるとスタッフさんが爽やかに出迎えてくれます。
元気な接客ですね。

静かなバーというよりよりかはバルに近い印象です。
帰りは出口までお見送りしてもらい気持ちのいい接客でした。

店名:千葉ハイボールバー
住所:千葉県千葉市中央区富士見2-25-1 1F
電話:050-5269-9256

鹿児島の絶品の郷土料理がいっぱい食べれる焼鳥の西屋

鹿児島県に複数店舗を構えるのが焼鳥の西屋さんです。
多くの料理とお酒を提供してくれるお店です。

一番有名なのが、鹿児島の繁華街の焼鳥の西屋 天文館店です。
お店に入るといらっしゃいませと活気を感じられ、気持ちいい接客で入ることができます。

席に着くと、メニューのご案内もしてくれて、初めてでも気軽に注文できるシステムになっています。
いざ、焼鳥の西屋のメニューをみてみると、どれもおいしそう。

まずは、地元でとれた新鮮な野菜を使った野菜サラダ。鹿児島では有名なきびなごの刺身やカツオのたたき。
そしてなんといってもお店の名前にあるように焼き鳥が絶品です。

つくね、鶏身、鶏かわ、なんこつなど定番の商品は安定ですが、そのほかにも野菜や魚介をつかった焼き鳥も絶品です。
ビールが進む料理ばかりです。

そして、チーズグラタン、厚焼き玉子も人気メニューの一つです。
19時以降は焼鳥の西屋の店内は大賑わいで常に満席状態でした。
最後に締めの焼きおにぎりがほんとうに絶品でした。

どの料理も少し濃いめの味付けでしたが、お酒との相性も併せてやっているのだろうなと思いました。
焼鳥の西屋にぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

店名:焼鳥の西屋
住所:鹿児島県鹿児島市千日町3-10
電話:0992240850