八丁堀にあるロイヤルホストのボリューム感のあるパンケーキ

店名:ロイヤルホスト八丁堀店
住所:東京都中央区八丁堀1-13-7ホテルサードニクス東京1F
電話:03-6222-0054

ロイヤルホストでは、特製のパンケーキが非常におすすめで、デザート感覚で食べることができます。

パンケーキが3枚程度重なっており、シロップがかかっていて非常に甘くて美味しいです。

特別すごい変わったところがあるというわけではありませんが、ボリューム感が割とあるので、そこはメリットだと感じています。

それに一般的な王道とも言えるパンケーキの味なので、食べられないとか、味が好みじゃないという人はほぼいないでしょう。

ロイヤルホストで食後に甘いものを食べたいと思ったときには、こういうメニューを注文するというのもおすすめです。

ただ、すでに話したようにボリュームが割とある方なので、デザートの前に食べすぎると、このパンケーキを完食するのが厳しいと言える可能性があります。

だから、ロイヤルホストでパンケーキを注文しようと思っている人は、あらかじめパンケーキ以外のメニューの分量を調整してから注文した方がいいと思います。

できるだけ美味しく食べてほしいと思いますから、多少なりともお腹に余裕がある状況でパンケーキを頼むのがコツと言えるでしょう。

生田にあるガストのやわらかくて美味しいヒレカツのメニュー

店名:ガスト川崎生田店
住所:神奈川県川崎市多摩区生田1丁目28-31
電話:044-949-1036

神奈川県川崎市の生田にあるガストでは、やわらかおろしひれかつを食べたことがあります。

ガストでは普段はロースカツなどを食べることが多く、ヒレカツを選ぶことは少ないのですが、ヒレカツに関しても十分に美味しいと言えるようなものだったと思います。

したがって、ロースカツ以外にも自分好みのカツ料理があることを知ることができて良かったと思っているのです。

ただ、味は美味しいものの、値段がもう少し安ければなと思うことがあります。

というのも、ガストのやわらかおろしひれかつに関してはヒレカツが3つ乗っているのですが、値段は799円なので、ボリュームの割にはそこそこ高い気がします。

だから、そんなに頻繁には注文しないという状況になっています。

メニュー名の通り、かなりやわらかくて食べやすい食感ですし、味はかなり満足できている状況なので、値段の部分が唯一気になる箇所ということになります。

内容に関しては満足いくものだからしょうがないのかもしれませんが。

値段の問題はありますけど、ヒレカツを提供しているお店はそんなに多くある印象ではないので、ヒレカツを食べたくなったときにはこのガストのやわらかおろしひれかつをこれからも注文することになりそうです。

明ごころ本店 洋食店、都島区にある飲める洋食店として話題のお店

店名:明ごころ本店 洋食店
住所:大阪府大阪市都島区東野田町3丁目10-19 サンピアザビル
電話:06-6351-8415

京橋駅から近くの場所に、飲める洋食店として有名な明ごころ本店があります。
さすが飲み屋の街だけあって、飲める洋食店なんてのもあるんですね。

飲める洋食店と言われても、ピンとこない方が多いかと思います。
明ごころ本店の雰囲気は居酒屋って感じなのですが、料理がイタリアンやフレンチなどの洋食なんです。

洋食でお酒を飲むとなると、お洒落なレストランでワインを想像されるのではないでしょうか。
明ごころ本店は、居酒屋に行くように気軽に入れるような雰囲気のお店なんです。

明ごころ本店の人気メニューはハンバーグ。
フワフワな質感のハンバーグで、たっぷりとデミグラスソースがかかったジューシーな味わい。
ワインはもちろん、ビールとも合います。

野菜系でおすすめなのが、太アスパラボイル。
アスパラ自体が甘く美味しいのですが、そこに自家製マヨがかかっています。

これがさらにアスパラの味を引き出して、さらに美味しいものになっています。
アスパラってこんなに美味しかったんだと思ったぐらいです。

他にもスペアリブにいかニンニクバターなど、お酒との相性がばっちりの料理がたくさんあります。
なんとグラタンまであるんです。

明ごころ本店は飲める洋食店というだけあって、どれを頼んでも美味しく酒を飲むことができます。
たまには洋食で飲むのもいいものですね。