下町の洋食 時代屋、佐世保っ子が愛する洋食店

時代屋は、地元民ならば、一度は食べたことのある佐世保の名物料理を出してくれる洋食屋さんです。
一番の人気メニューで、時代屋でイチオシしたいのが『レモンステーキ』で、セット1800円でいただけます。

柔らかくて、薄切りのロース肉に、醤油ベースの特性ソースが絡まっていて、できたてアツアツの鉄板で提供してくれるから、音まで美味しく感じるほどです。

肉汁がソースに絡まって、レモンのほどよい酸味は、食欲のないときにでもペロッと完食してしまうほどで、今はやりの甘辛さと酸味のソースは、時代屋オリジナルです。

時代屋っていうだけあって、常連さんもいらっしゃいますが、店内は下町っぽい作りで、居心地も抜群です。

オーダーが取りにくいこともなく、14時までランチタイムを設けてくれているのも嬉しく感じます。

ほかにも、懐かしさのあるメニューが目白押し、オムライスやシチューもありますし、オリジナルのドレッシングだけを購入することもできるから、通い始めたら通い続けたくなること間違いなしだと思います。

小さなお子さんにも優しい接客をしてくれるから、時代屋はファミリーでも安心感あります。

店名:下町の洋食 時代屋
住所:長崎県佐世保市三浦町5-6
電話:0956-22-0929

八丁堀にあるロイヤルホストのボリューム感のあるパンケーキ

店名:ロイヤルホスト八丁堀店
住所:東京都中央区八丁堀1-13-7ホテルサードニクス東京1F
電話:03-6222-0054

ロイヤルホストでは、特製のパンケーキが非常におすすめで、デザート感覚で食べることができます。

パンケーキが3枚程度重なっており、シロップがかかっていて非常に甘くて美味しいです。

特別すごい変わったところがあるというわけではありませんが、ボリューム感が割とあるので、そこはメリットだと感じています。

それに一般的な王道とも言えるパンケーキの味なので、食べられないとか、味が好みじゃないという人はほぼいないでしょう。

ロイヤルホストで食後に甘いものを食べたいと思ったときには、こういうメニューを注文するというのもおすすめです。

ただ、すでに話したようにボリュームが割とある方なので、デザートの前に食べすぎると、このパンケーキを完食するのが厳しいと言える可能性があります。

だから、ロイヤルホストでパンケーキを注文しようと思っている人は、あらかじめパンケーキ以外のメニューの分量を調整してから注文した方がいいと思います。

できるだけ美味しく食べてほしいと思いますから、多少なりともお腹に余裕がある状況でパンケーキを頼むのがコツと言えるでしょう。

生田にあるガストのやわらかくて美味しいヒレカツのメニュー

店名:ガスト川崎生田店
住所:神奈川県川崎市多摩区生田1丁目28-31
電話:044-949-1036

神奈川県川崎市の生田にあるガストでは、やわらかおろしひれかつを食べたことがあります。

ガストでは普段はロースカツなどを食べることが多く、ヒレカツを選ぶことは少ないのですが、ヒレカツに関しても十分に美味しいと言えるようなものだったと思います。

したがって、ロースカツ以外にも自分好みのカツ料理があることを知ることができて良かったと思っているのです。

ただ、味は美味しいものの、値段がもう少し安ければなと思うことがあります。

というのも、ガストのやわらかおろしひれかつに関してはヒレカツが3つ乗っているのですが、値段は799円なので、ボリュームの割にはそこそこ高い気がします。

だから、そんなに頻繁には注文しないという状況になっています。

メニュー名の通り、かなりやわらかくて食べやすい食感ですし、味はかなり満足できている状況なので、値段の部分が唯一気になる箇所ということになります。

内容に関しては満足いくものだからしょうがないのかもしれませんが。

値段の問題はありますけど、ヒレカツを提供しているお店はそんなに多くある印象ではないので、ヒレカツを食べたくなったときにはこのガストのやわらかおろしひれかつをこれからも注文することになりそうです。