マンション売却でトラブルが起こった場合の対処法

マンションの売却をする際に気を付けたいのがマンション売却におけるトラブルですが、マンションの売却をする場合は個人でマンションの売却をする場合に限らず、不動産業者に依頼をしてマンションを売却する場合でもトラブルが発生する確率は高くなっていますが、せっかくマンションの売却を決意したのにマンションがスムーズに売却できないことは避けたいものです。

マンション売却におけるトラブルになってくると、マンションの費用が高額になることから自分での解決が難しいと考えられる場合は法律の専門家の力を借りるか、専門の機関に相談することをおすすめします。
宅地建物取引業協会などでもマンションの売買に関する相談を承っているので、できるだけお金をかけずにトラブルを解決したい場合は無料で相談できるところを積極的に利用すると良いでしょう。

無料相談の利用でトラブルが解決しない場合は弁護士などに相談をして法的な手段で問題解決をする必要がありますが、法的な手段で問題解決をする場合トラブル解決はスムーズに進むものの、トラブルの解決に費やす費用や手間がかなりかかってくるため、できれば示談で済むような形でトラブルの解決を進めていきましょう。

マンションの売却に関連したトラブルの多くは金銭的なトラブルとなっているため、少しでもトラブルを回避したいのであれば、内覧会などを積極的に行って、物件を十分に見てもらった上で買取してもらうことが大事です。

マンションを売却したほうが、充実した生活。

今から10年前にマンションを売却しました。
理由は、住宅ローンの返済ができなくなったためです。
もともと、妻と共働きで月の収入も50万円以上ありました。
そのせいか、返済も余裕だと思っていたので、かなり高額のマンションを購入してしまいました。
当初は返済にも余裕があり、車を買ったり、旅行に行ったりと、二人の夫婦生活を満喫していました。

ところが、購入してから2年後、妻が妊娠しました。
妊娠8ヶ月までは無理をして会社に勤務していましたが、それ以上は無理で、会社を辞めました。
辞めないで休職という方法もあったかと思うのですが、そのときは退職を選択しました。
当時は貯蓄もあり、なんとか切り崩しながらも返済をしていましたが、子供が生まれ、養育費がかかってくるとなかなか生活も厳しくなってきました。

当初は、クレジットカードを使ったり、キャッシングをしたり、いろいろとできる限りのことはしていましたが、限界がきて、子供が1歳になる頃には住宅ローンの返済にもこ困るようになりました。
そこで、いろいろと夫婦で話し合った結果、マンションを売却して安いアパートに住んでやり直そうという結論に達しました。
売り出して8ヶ月で売却でき、今も少しづつ残債を返済していますが、あの頃より充実した生活を送っていると思えます。

住宅展示場に行ってきました。

テレビで住宅展示場の特集を見て以来、楽しそうなイベントがあると、ついつい家族で行ってしまう住宅展示場。
昨日のイベントは、ふれあい動物園でした。
展示場のイベントスペースに、うさぎやモルモット、ふくろうにミニブタなど、数種類の動物が来ていました。
4歳の息子は、モルモットをひざに乗せて触らせてもらえて大喜びでした。
最近フクロウが大好きな息子。
ふくろうとツーショットで写真も撮らせてもらえましたが、笑顔ではなく少々引きつった表情・・・
初めて見るふくろうと顔を近づけて並び、やっぱり緊張しちゃうよね。
動物園で十分ふれあい満足した後、各メーカーのモデルハウスを見学させていただきました。
家族で狭い賃貸アパートで生活しているので、広くてきれいで快適そうなモデルハウスは、本当に夢のお家です。
いつかは自分たちのお家が欲しいなぁと夢を見て妄想にふけります。
こんなに広くてきれいなお家なら、きちんと片付けるし、掃除するし、子どもが遊んでいるのを見守りながら料理できるし、美味しいご飯をがんばって作れそうなのになぁ・・・
友達をたくさん呼んで、ホームパーティーして、楽しい時間がたくさん過ごせそうだなぁ・・・ほんのひとときでしたが、夢を見させてもらえました。
マイホームを早く手に入れるためにも、パートのシフト、増やそうかな。

静かに道路で遊びます

30代の母親の子育てがうるさすぎます。
うるさいといっても、それが、うるさいだけではなく、癇に障る音なのです。
例えば、ファイリーレストランで、「ぎゃーぎゃー」と叫ばせる。子供は食べ物が来ると黙る。
家の向かいのマンションの2歳児は、救急車の音が、その電子音が耳障りで困ります。
いつも、救急車がきている状態です。考えてほしいです。
近所から、不快な音が聞こえてくると、自分の家の窓をしめます。
子供に聞かせないということなのでしょう。
しかし、自分の子供の救急車の音は、ほかに聞かせてもいいのです。
そこが、困ります。
学校では、周りを考えることを教えています。
教えられなかった世代です。
ゆとり教育です。
勉強しないのです。
更に、不思議なのは、子供とまともに話しているときがないのです。
道路で遊びたい子供は、声を出すとうるさいし、遊べなくなるので、静かに遊びます。
道路でです。
この感覚が、私にはありません。
道路で遊ぶということです。
しかも、静かに遊ぶのです。
公園に行けないのがなぜなのか。
縄張りがつよすぎて、少しでも母親が馬鹿にされるのを甘受しないのでしょう。
世の中、今は、どこに行っても、馬鹿にされっぱなしです。
特に関西はそうです。